2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

がらはどの旅リターンズ「SET STOCK'04」①

自分のブログ見て、
「なんと自己顕示欲の強いブログタイトルか」
と改めて思いました。がらはどです。
(ただ単に「がらはど」っていう響きが気に入ってるのでしょうけど。)


真・がらはどの旅が始まる前。
(つまり2005年3月以前)
がらはどの旅というのが某所に存在しました。
(実は今も密かに存在するのですが)


まぁ、そのときの記事を軽く引っ張り出しながら、当時を思い出そうという、
思いっきり後ろ向きな企画です。
さて第一回は今から二年半前。どたまと見に行った初のフェス。
「SET STOCK'04」を取り上げつつ、当時のことも軽く振り返るとしましょうか。


まずは当時のがらはど(22歳)について。
香川で大学生をやっていた俺。単位は順調に取れていて、卒業はほぼ確定。
ところが、就活をする気もなく、ひたすらバイトしまくる生活を送っておりました。
(ひどいね当時の俺)


そして2004年の夏。香川で過ごす最後の夏となりました。
9月には岐阜に引越しで戻ることが確定しており、
香川で過ごす最後の思い出に、と選んだのが「SET STOCK'04」でした。
香川ならモンバスいけよという話なんですが、実のところモンバスは、
開場でバイトしてまゴニョゴニョありまして行けず。
ならばせっかくなんで、四国いるうちに中国地方へいこうということで、
選んだのが広島だったわけです。


ではそろそろ昔話に。
2004年8月27日。どたまが香川にやってきた。
どたまは2001年にも香川にやってきたことがあるので。
三年の間にいかに香川というか高松が変わったかを教えたくて、
(実際かなり変わったのですよ。高松駅周辺とか。)
シンボルタワーに連れて行ったりしました。
そして夜には翌日のライブに備えてバンプの佐倉ライブ(床がへこんだやつね)
のビデオを見たりして語らった。


2004年8月28日。
会場への直行バスみたいなののチケットを取らないという馬鹿をやった俺。
マリンライナーやら新幹線やらを乗り継ぎ、広島へ。
泊まる予定のホテルで荷物を預け、さらに会場への長いシャトルバスへ。
(こんときの移動はいろんな意味で辛かったね。ごめんねどたま。全部俺のせいだわ。)


2004年はめちゃめちゃ台風の当たり年で、一週間前くらいから迫ってた台風のせいで、
当日もかなり心配していたのだが、奇跡的に台風が遅れ、
良い具合にちょっと曇って、涼しくて最高の環境での初フェスとなった。
(これ今だから語るけど)
実は当時好きだった女の子に当日、メールを送ったら、
「台風遅れて良かったですね!楽しんで来てください♪」
みたいなメールが返ってきて非常に嬉しかった記憶が。
(何か色んな意味で若かったなぁあのころ・・・。)


物販。今思えばかなり空いていた。2005年のラッシュボールに比べれば、
奇跡的な列の短さ。どのアーティストもすぐ買えた。
ちなみに当時俺はバイト先のいろんな人から買い物頼まれてて、
物販で初めて2万円以上使った(現時点でもこれが最高額)。
まぁ、後日半分くらいは回収できたのでよかったのだけど。
そして会場へ。


ちなみに物販だけでなく、当日というか、
その年のセットストックは二日ともかなり空いていたらしい。
俺とどたまが行ったのは一日目だけど、7000~8000人くらいの人の入りだったと記憶している。
(ちなみに満員だと13000人くらいは入る会場です。たぶん。)


では、当時、セットストック直後の自分の記事をほぼそのまま引用↓
(若干、若干だけ修正を加えてあります)

『セットストック04~がらはど視点~その1
とりあえず、公演の概要はどたまのほうを見てもらうとして、それ以外のとこを書きます。
八割方がらはどのどうでもいい動き、感想になりますがご了承を。
まず、オープニングアクトのとき。
俺はひたすら買い食いをしていた。
買いに行く→芝生にてステ-ジを眺めながら食事。
これをシャカラビ見るために移動するまで繰り返していた。
カレー、トルコ料理(?)などを食べた。
何か、俺ばっか食べてたんでどたまに悪い気がしてました。』

はい。ええっと・・・。


当時の記事をそのまま引用するもんじゃないね。
なんだこれ。まぁいいか(後でもっと痛い表現でてきそうだコレ)。
オープニングアクトは四組で、有名どころでったらジャクソンバイブくらいかな。
当時では。
(ちなみにどたまも当時セットストックについて記事を書いてました。
実はそちらのほうが数段良いライブレポなのですが・・・。)


そう。こんときやったら買い食いしてたんですよ。
しかも、人の入りが少ないもんだから芝生に座っててもステージ見えるから、
何か買ってきては食べ、また何か買ってきては食べ、の繰り返し。
(どたまは後で食事をすることにしてたようだ。)


つづく。

黙っていたら涙が こぼれてしまいそうだから

一年ぶり、いや。二年ぶりか。
突然の電話。


大学時代のバイト仲間(男)から電話かかってきた。
びっくりした。
と同時に、嬉しさいっぱい。


俺にとって、今もコンタクトのある大学時代の友人は黒やぎのみ。
だったのだけど。
きたよこれ。まじで。


しかも、今も香川にいるというではないか!!喜びひとしお。
なぜなら、香川で会ったひとのほとんどが他県出身者でして。
今も香川にいる人なんて、かなり珍しい。


香川とのつながりは、すっかりきれてしまったかと思いきや。
残されていた繋がりが一つ。
しかも、むこうから電話かけてきてくれるなんて。
お互い、現状報告しつつ。思い出話に花が咲く。


バイトメンバーも、今はかなり変わってしまったらしく。
古株はだいぶ減ったとか。
イベント・コンサート系のバイトだから、ほんっと思い出が多くて。


で、しかもその子とは大学で学年一緒だったし、
一緒の現場に行くことが多かっただけに・・・。


クリスマスに、商店街でのイベントバイト。
サンメッセ香川から、バイト終わりで一緒に帰った夜。
某野外フェスで、死にそうになりながらバイト頑張ったとき。
バイト終わりで、誰もいない商店街を自転車でとばしたあのころ。
二年前、最後に高松駅で別れたとき。


その子と一緒に過ごした時間がいろいろ思い出されて。
そしてまたその子が無茶苦茶性格良い人なもんだからさぁ・・・。
(俺の一つ年上で、しっかりした人なんですよぉ~。)


なんか、話しながら、泣きそうになってしまう自分がいた。
香川での思い出。
一番濃密だったのは、やはり三年~四年。バイトに明け暮れた日々。


彼はまだ、あと半年くらいは香川にいるらしいので。
その間に、できれば会いにいきたい。
連絡先もかわってないみたいなので、これからも連絡とっていきたい。


自分的に、断絶状態だった香川と、また繋がれた気がしました。
まだちょっと、興奮が収まりません・・・。

島本里沙

今日はいっぱいブログ更新して、最初に書いた記事は埋もれていくだろうから。
痛々しいネタも少々解禁していこうか。序盤は。


で、島本里沙。
一時期この人が結構お気に入りだった。2~3年前だったろうか。
まぁ、こんな人です→公式HP


静止画でみると結構可愛いのだけど、動画でみると微妙。そんな感じ。
ちょっと鼻のあたりが惜しいかな、という印象。


なんだか、当時の自分にとっては、癒し系だったんでしょうね。
あのころは疲れていたんでしょうねがらはどくんは。
(遠くをみつめながら)


そしてええチチしとります。
まぁ、今みても割といいな~って思います。


ポスターまた増えてる

以前、香川で一人暮らししていたときは、部屋中ポスターだらけだった。
(どたまと異笑はわかると思うけど。あと黒やぎも。)


それこそ、天井までポスター。


ラルク、ソフィア、ボンブラ、愛内北原三枝・・・
ぐらいな感じで。ひどいありさまでした。
ほんと、何枚貼ってあるんだぐらいの。
(人が人なら拒否反応示すくらいの。)


最近は落ち着いてきてて、名古屋暮らしはポスター少なめだなーと思っていたけど、
気づいたら
ラルク、HYDE、サッカー日本代表、ピン様、玉置。


いつのまにか増えとります。
あーぁ。


天井だけは何も貼らないでおこう。
(天井貼るとたまにおちてくるのでメンドい。)

クーラー解禁

しましたよー。
15日になったので。


快適。


でも、使いすぎには気をつけないと。
クーラーには、トラウマがあるから。


大学時代。二年生のころだろうか。
テスト期間~夏休み前半をクーラーかけた部屋で引き篭もりまくって過ごし、
翌月の料金請求で恐怖の一万越え


当時は、まだ電気代自分で払ってなかったけど、それでもかなり申し訳なかった。
自分が払う今となってはなおさら。
使いすぎ注意。


実家にいたころは、そのへん何も気にせず使いまくれたんだけどなー・・・。
一人暮らしの辛いところです。

«  | HOME |  »

プロフィール

Garahado

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カウンター

管理人にメール

名前:
メール:
件名:
本文:

ラルクNEW ALBUM

玉置成実NEW SINGLE

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

お勧めJ-POP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。