2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダ・ヴィンチ・コード

サッカーネタばっかもあれなんで。ひさびさに読書ネタを。


やっとこさ手を出しました「ダ・ヴィンチ・コード」
私がらはどは文庫版を読んでおります。


え?


まだ上巻の始めですけど。


・・・


・・・


絶対映画公開間にあわねぇ・・・
(五月二十日)

ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ

異笑から借りた本その2。
こちらも滝本竜彦・著でござります。


いやぁ今回もわりかし早く読めましたよ。
今回も、序盤ゆっくり、後半をガーッと読むという感じになりました。
後半にいくほど引き込まれて、途中で止めたくなくなるんですよね。
面白かった。


これが滝本竜彦さんのデビュー作らしいです。
デビュー作から凄いもん書いてたんですなぁ。


「NHKにようこそ!」と根っこの部分で共通したようなものも感じられました。
表面的にも、似てる部分はあったけど。
(主人公視点での話の薦め方、ヒロインが一人、核となるサブキャラが一人、とか?)
だからこそ、続けて読むには読みやすかった。
今回のほうがフィクション要素は強かったかな。


まだ二作しか読んでないけど、両者とも、後半に向かうほど話に引き込まれてきますね。
何かもう、すんげーカオティック(?)なとこまで話をいかせて、最後にホッとする感じの終わり方なのが良い。
それがこの人の作風なのかな?とも思ったり。
(そうだとしたら、俺はまんまとそれにやられました。)
話の帰結としては今回のほうが好きかな。
ただ単純に、ハッピーエンド要素の強弱だけでいえば。


なんか、知ったような書き方をしたけど、結局、
「難しいとこはよーわからん」ままでしたね。アハハ。
がらはどの低脳では多分、深い精神的なとこまではよくわからないんです。
逆にいえば、表面的な部分を読み取るだけでも、十分に楽しめる作品ってことかもしれません。
お勧めです。

「NHKにようこそ!」

この前、異笑にあったとき、二冊本を借りた。
いずれも、滝本竜彦という人が書いた本。


そのうちの一冊に、ひかれた。
「NHKにようこそ!」という本。


バイト先で同名のコミックをみたことがあるので。
どうやら、それの原作らしい。


早速、読んでみた。
読み始めると面白くて、この「読書」カテゴリのために読んでた別の本より先に読み終わっちゃった。


字がわりかしでっかくて、読みやすい。
ところどこ、難しい描写とかはあるが、会話とかが主体なので苦も無く読めました。


ひきこもりの話なんすけど・・・不思議なお話でした。
序盤はわりかしおちゃらけた感じだけど、中盤あたりから話に緊張感が出てきて、グッと引き込まれました。
中盤以降はもう続けて、ガーッと読んじゃいました。


なかなか面白かった。
作者自身、引きこもり経験があるようで、そのあたりの経験が生きてるのは感じられた。
リアルな部分も多かったし。


ただ、最終的にはちゃんと物語になってるのね。
ほんとに「リアルな引きこもり」を物語にしたら、それこそ・・・
物語にはならないからねぇ。
「リアルな引きこもり」の人の話に、女の子は出てこないだろうし。


リアルさと、イッちゃった感じと、その他諸々が感じられた。
ただ、イッキに読むと多少疲れますね。この作品。


異笑、ありがとう。
もう一冊も読んでみます。

本を読まねば。

最近、めっきり本を読んでません。
なんで、本よまなきゃと思い、カテゴリ追加。


こんなカテゴリ作っておけば、報告のために本少しは読むだろうと。


コミック、雑誌などはもちろん除外。
(それならいっぱい読んでるので)


一冊読み終えるごとに書き込み目標。


最近読んだのっていえば・・・異笑から借りた「十二国記」くらいか。
だいぶ長いこと活字から離れてるな。やばいやばい

«  | HOME |  »

プロフィール

Garahado

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カウンター

管理人にメール

名前:
メール:
件名:
本文:

ラルクNEW ALBUM

玉置成実NEW SINGLE

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

お勧めJ-POP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。