2017-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「Make Progress」/玉置成実

2005年5月11日発売。
オリコン初登場1位。
玉置成実のセカンドアルバム。


曲目(☆はがらはどのお勧め曲)

1 -Fly Away- ☆
2 Reason ☆
3 Daybreak
4 Future Step
5 Truth ☆
6 大胆にいきましょう↑Heart&Soul↑ ☆
7 Make Progress~inst~
8 Heroin ☆
9 暗闇物語
10 You ☆
11 Fortune ☆
12 DreamerS
13 Distance
14 Reason Reproduction(ボーナストラック)


感想・評価

つい先日1stのレビューやったばかりなのにすぐですいません。
(まぁ、今月は玉置祭りということでご勘弁を)
玉置成実の2ndアルバム。
1stに比べると、わりと挑戦したなぁという印象。

特に、6、8はそれらが功を奏した曲。
今回のアルバムは、シングル曲が強いなーという印象。
やっぱガンダム曲は外れないね(何度もいいますが)。
アルバム曲では、ズバ抜けていいものがなく、ちょっと残念。

バラードも意外とイケるというのを示せたのは大きいかな。10とか。
ただ、5とか曲は良いのに、歌が駄目なものがあるのは残念。


まとめ

セカンドも、まずまず良い出来。
やや1stよりクールめな曲が並んだかな。

ベストトラックは「Reason」。文句なし。
これが玉置成実のど真ん中であってほしい名曲。


スポンサーサイト

「ユグドラシル」/BUMP OF CHICKEN

2004年8月25日発売。
オリコン初登場1位
BUMP OF CHIKENの4thアルバム。


曲目(☆はがらはどのお勧め曲)

1 asgard
2 オンリーロンリーグローリー ☆
3 乗車権 ☆
4 ギルド ☆
5 embrace ☆
6 sailing day ☆
7 同じドアをくぐれたら ☆
8 車輪の唄
9 スノースマイル
10 レム
11 fire sign
12 太陽 ☆
13 ロストマン ☆
14 midgard


感想・評価

今までのバンプの作品からすると、「大人になったなぁ」というのが第一印象。
今までのバンプ作品とかは、良い意味で「青臭い感じ」みたいな雰囲気があった。
感情を吐露するような(かつ芸術性の高い)歌詞に、エモーショナルな演奏。
ちょっとひねくれた青春、みたいな感じの。

このアルバムはそのような青臭さがやや抜け、スケール感、表現力が格段にアップしている印象。
その理由としては、ギター以外の音色を積極的に取り入れるようになったことと、
メンバーの演奏技術の向上、(あとは藤原の歌詞)などが考えられる。
特に、7や12、13などは今までのバンプにない、壮大さを感じさせる曲になっている。

もちろん、従来の良さも失ってはいない。
6のような早いテンポの8ビート曲は彼らの得意とするところでもあり。
3では、同じ早い曲でも新たなアプローチが試みられており、面白い曲。
4、5のようにミディアム~スローめな曲では、演奏技術の向上が強く感じられる。


まとめ

自分的には、バンプの最高傑作だと思っています(現時点での)。
演奏力、曲のクオリティー、ボーカル、詩、など。
それらがすべて、高いレベルでまとまった作品かなぁと。

ベストトラックは「ロストマン」。
これはアルバムというより、シングルで聴いたときに凄いと思ったので。


「brilliance」/河辺千恵子

2005年3月16日発売。
河辺千恵子の1stアルバム


曲目(☆はがらはどのお勧め曲)

1 brilliance ☆
2 Shining!
3 絆色 ☆
4 Pink!Pink!Pink!
5 little wing
6 over ☆
7 I Can’t Wait
8 cry baby
9 be your girl ☆
10 leave me alone ☆
11 ☆に願いを


感想・評価

ハイ。このアルバムをマトモに聴いたことある人が果たしていらっしゃるでしょうか?
おそらくいませんね。このブログの読者には。
今までのアルバムレビューでも、割とマニアックなのをとりあげてきましたが、
(某ボンボンブランコ等)それらを押しのけてマイナーなアルバムをもってきました。

ちなみに最近では「桜キッス」とかいうアニメ主題歌を歌っております。
この河辺千恵子。もう説明するのメンドいから省略。
ブログは面白いのでオススメします。

でまぁ、最近だしてるのが「キャンディベイベー」だの「桜キッス」だの、
はっちゃけ系の曲ばっかで、ちょっと個人的にイマイチなのですが。
このアルバムに関しては、意外と聴けます。それが率直な感想。
何も期待せずに購入しただけに、そんな感想になりました。

1~3曲目の流れが良い。9はかなりよくできたポップソングだという印象すら受ける。
惜しむらくは、4~8の曲が薄味な印象っていうところかな。
まぁ、それなりに聴けます。以上。
(これ以上書いても何も伝えられないと判断)


まとめ

TV、ラジオ、ブログ、何らかの形で河辺千恵子が気になった人は買いのアルバムです。
そういう人にはオススメできます。
ただ、過剰な期待は禁物。期待せずに聴くと楽しめます。かなり。

ベストトラックは「be your girl」。
歌詞はまぁ、アレですけど、曲としてはかなり良い出来。


「SMILE」/L'Arc~en~Ciel

2004年3月31日発売。
オリコン初登場2位。
ラルクアンシエル通算9枚目のオリジナル・アルバム。


曲目(☆はがらはどのお勧め曲)

1 接吻 ☆
2 READY STEADY GO ☆
3 Lover Boy
4 Feeling Fine
5 Time goes on
6 Coming Closer ☆
7 永遠
8 REVERATION
9 瞳の住人 ☆
10 Spirit dreams inside ☆


感想・評価

活動再開後、ラルクが出した約四年ぶりのオリジナル・アルバム。
最初聴いたときは、違和感が強かったのだが、何度も聴くと良く思えてきた。

今までのラルクの流れをくむ曲は1、6、9、10くらいで、それ以外は新味という印象。
特に先行シングルの2は今までにないくらいのパンクっぽい曲で、びっくりした。
曲についていえば、hydeはおサボりしちゃった感じ(アルバム曲で7のみ)だけど、
やはりkenはよくやるなーという印象。いつもながら。
1と6でラルクらしい曲をばっちり聴かせてくれました。

あとは9ですね。ほんとにtetsuはよくこの曲を作った。
tetsuのバラードは毎度クオリティーが高いけど今回のは格別。

音としてはkenのギターがかなり太くなっており、そこがまた新鮮。


まとめ

今までのラルクが好きだった人には多少なりとも違和感を感じるであろう作品。
個人的には好きなアルバム。新味が多くて。
三十路半ばでよくまぁ、これだけ新鮮なアルバムが作れるなーと。
少し感心しました。

ベストトラックは「瞳の住人」。
初めてTVスポットで聴いたときの衝撃が凄かった。名曲。


「Greeting」/玉置成実

2004年2月25日発売。
玉置成実の1stアルバム。
オリコン初登場5位を記録。


曲目(☆はがらはどのお勧め曲)

1 Eternal Voice ☆
2 Believe ☆
3 day by day ☆
4 Complete ☆
5 Be Positive<光の中で輝いて>
6 NEVER STOP MY HEART-君という奇蹟に-
7 Shining Star★忘れないから★ ☆
8 Realize ☆
9 Naked
10 Destiny ☆
11 明日の君 ☆
12 Prayer
13 Believe-Evidence01 MIX-


感想・評価

ハイ、久々にやりますよ。
久々なくせに文章長いのでどうぞスルーを。

玉置成実に対する評価が高くなった一番の理由は、声。
歌が上手いとか下手とか以前に、まず声が自分の好みであること。これは大きい。
非常に個人的な理由になっちゃうけど、まぁ仕方ない。
声の好みが歌の好き嫌いを左右するといってもいいくらいだし。
もう、その入り口で大体「この歌(音楽)好きか嫌いか」が別れてしまうわけだし。

話がそれたけど、とにかく非常に自分好みな声なわけですよ。
可愛い声も、クールな声も、音ハズってんだか当たってんだかわかんないような声も。
とにかくなんか好き。理由はよーわからんが。なんでやろ。
10のサビで聴ける出てるか出てないかわからんファルセットなんて凄く好き。

以上のように、個人的に逃れられない理由があるので、玉置成実に対する評価は必然的に甘くなってしまう。
曲が多少悪かろうと、声の出が好みであれば目を瞑るくらいの。
なので、今回のレビューはいつも以上にあてにならないと思います・・・。

曲ですが、総じてレベルが高いです。
特にガンダム曲(2と8)はまず外れない。
3のように明るくてポップな曲もあれば、4みたいにクールな曲、11のようなバラードもあり、
様々なタイプの曲がバランス良く揃っている。
1~4の曲の流れ、同様に7~10とかが非常に好きなゾーンです。

問題は、まぁ曲順かな。
5、6と同じような曲が並んでしまった部分。あと、最後がちょっと・・・。
まぁ、最後に「Believe」のリミックスをもってくるならこの曲順で仕方ないけど。
それがなけりゃ最後に11もってきてバラードで締めたほうが良かったんじゃないかな。
あとは、デジタルな音色が、総じて似たりよったりでちょっと飽きるくらい。
もう少し曲によってガラッと変えてもよかったんでない?くらいの。


まとめ

とりあえず玉置成実を聴くならこれを聴きなはれ、とお勧めしたくなるアルバムです。
ベストトラックはシングルだと「Realize」、アルバム曲では「Destiny」。


テーマ:邦楽CDレビュー - ジャンル:音楽

«  | HOME |  »

プロフィール

Garahado

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カウンター

管理人にメール

名前:
メール:
件名:
本文:

ラルクNEW ALBUM

玉置成実NEW SINGLE

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

お勧めJ-POP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。